犬のしつけについて

犬を変えるためにはは、まず飼い主が変わること!

今までのしつけがうまくいかなかったのは、そのしつけ方がそのワンちゃんに合っていないのかもしれません。
良いしつけ方と悪いしつけ方があるとすれば、それはそのワンちゃんに合っているかそうでないかです。
犬の性格や、問題行動の原因によってしつけ方は違ってきます。
本などで覚えた知識は比較的簡単に変えることができますが、一番大変なのはふだん何気なく(無意識に)とっている接し方に原因がある場合です。
常に意識し直そうと努力しなければなかなか変えることができません。
正しい接し方を飼い主が身につければ、叱らなくても犬は自然と変わってきます。

犬のしつけは根気よく!

一度間違っておぼえた習慣はそう簡単には矯正ができないのは、人間も犬も同じようなものですが、言葉が通じない分だけ犬に理解させるのは大変です。
練習で何回かうまくできたからと言って、それが定着したとは限りません。
習慣化する前に「問題行動は克服できた」と勘違いして練習をやめてしまう方もいらっしゃいます。
室内でも屋外でも、ドッグランやカフェでもそれができるようになるのはとても大変なのです。
最初のうちはトレーナーにアドバイスをもらいながら、まず飼い主が正しい教え方をおぼえる。
教え方が理解できればトレーナーなんかいなくても、あとは犬が理解できるまで何度でも繰り返すことができます。
どのレベルを目指すのかはアナタ次第です。

しつけをすればどんな問題行動もすべて解決するわけではない!

飼い主さんががんばって練習すれば、犬は期待に答えてくれるでしょうが、機械を操作するように思い通りの行動をさせられるわけではありません。
無理強いをしない。
その子にあったペースややり方を見つけること、ほどほどの妥協点を見つけることも時と場合によっては必要です。

人も楽しく、犬はもっと楽しく

叱ってばかりでは犬も人間も楽しくありません。
問題行動の矯正をやっている時でさえも、楽しむことを忘れずにやっていきたいと思っています。
楽しくないことは長続きしませんから。

犬をかわいがることは甘やかすことではない!

犬はかわいい動物ですが、かわいがることと甘やかすことは違います。
甘やかして育てるとわがままになりそれが問題行動の原因となることもあります。
飼い主さんは愛犬のためにと思ってやっていることを、他人から指摘されると不愉快になるかもしれませんが、飼い主が変わらない限り犬は変わりません。

リーダー(飼い主)は心に余裕を

問題行動の原因には、間違った対処によるものもあります。
そのワンちゃんに合わないしつけ方が原因で、心に大きなトラウマを作ってしまい、飼い主を怖がるようになってしまったケースもあります。
犬も感情を持った生き物なのですから、思い通りにならなくても落ち着いてください。
犬にも人にもやさしい犬のしつけ方があります。

褒め方、叱り方がけっこうむずかしい!

叱られているのに、犬は興奮して・・なんか楽しそう・・・なんてこともありますが、うまく叱れていない方ってけっこういるように感じます。
言葉で叱るとか褒めるというのは、飼い主によって個人差(上手い下手)があり、犬に正しく気持ちが伝わらない事があります。
うまく叱れているとしても、叱るのはデメリットのほうが多いので「言葉で叱らないでください。それ以外の方法をちゃんと教えますので」とお願いしています。
また、褒めるときに犬の体を撫でるというのも、実は難しかったりします。
状況に応じて上手にできるなら、それもありですが、どんなときでも褒めるときには言葉と撫でるのがセットになっている場合には、撫でることを制限することもあります。
撫でるのはNGではなく、状況に適したなで方をアドバイスします。

犬のすべてを受け入れる

犬が100匹いれば、100通りの性格があります。
吠える、噛みつく、甘える、怒る、怖がる、舐める、穴を掘る、飛びつく、引っぱる、散歩好き、出不精、犬嫌い、人嫌い、社交的、様々な個性を持っています。
テーブルに乗ることがいけないことだと思っている犬はきっといません。
人間とちがうことをするのは、犬ですから当たり前なのです。
でも、人間と共生するためのルールを教える必要はあります。

犬のしつけは、人間と犬の知恵比べ!

飼い主がリーダーシップをとることは大切ですが、力ずくで従わせることではありません。
人間のほうがはるかに高い知能を持っています。
たくさんの経験と知恵を持っています。
嫌悪刺激を用いない教え方を飼い主さんは身につけてください。

道具に頼りすぎない

犬のしつけ用にと謳われた道具がたくさん売られています。
正しく使えば効果はありますが、それを使わなくても上手にできるようになることを目指しましょう。

すべてのごほうびを使いこなせるようになる

ごほうびにはたくさんの種類があります。
犬の性格や、その場の状況などに応じて最適なごほうびをつかいこなせるようになりましょう

問題行動の修正は原因を把握する

「イケナイ事をしたら叱る」というやり方だけでは、解決できないことがあります。
その行動には必ず理由(動機)があります。
原因を理解しない限り問題は解決しません

フェアにね!

犬にしてみればきっとやりたいようにやっているのが幸せなのかもしれません。
でも、人間社会で共存する以上おぼえてもらいたいルールがあります。
どうすればいいのかをちゃんと教えれば犬はおぼえます。